TOP


 海外の英語の有料無修整ポルノサイトに、心臓をどきどきさせながら、初めて挑戦したのは、随分昔のことです。当時まだ動画はなく、静止画だけでした。配信業者と、代金決済業者も分離されていませんでした。そこで当時を思い出しつつ。

 きちんとした現在のペイ(有料)サイトでは、コンテンツの配信業者と、代金決済業者は分離されています。こうした業者は、ポップアップ広告をやたらと使いません。これらも、良否の見分け方の一つでしょう。

 最近では、系列化が進んでいて、良質のサイトが束になって、同じグループから出てきます。ですから、気に入ったサイトが見つかったら、自分の嗜好に従って、同一のグループの他サイトに移ってみるのも宜しいのでは?と思います。

 全てが好みではありませんが、日系のDTIや、PerfectGonzoの一連のサイトは、幾つかの点さえ踏まえれば、安心かつ良質です。無料のデータベースサイトであるDTIの抜天市場やPerfectGonzoのIndeXXXedは、なかなか良くできたデータベースでもあります。

 DTIなど、日本語メインのサイトは、英語版のサイトと較べて高めです。私が気に入っている「一本道」は、平均的な英語版サイトの倍額以上です。 ただクオリティーが高いので、無修整和製AVを高画質で見たいならココでしょう。ソープの80Kクラスの高級店に行くようなものです。

 あと気をつけるべきは、会員解約(キャンセル)の問題です。キャンセルの仕方が判らなくて、際限なくチャージというのは、全くかないません。というのも多くのサイトが、1ヶ月契約で入会しても、自動継続に設定されていて、こちらが意思表示して初めて課金リストから外されるのです。きちんとしたサイトは、代金決済業者のカストマーサービスページにキャンセルの仕方が出ています。キャンセルしても期日まで安心して見ていられますので、私はサイトに加入手続きをしたら、直ぐにキャンセル手続きをしてしまいます。これは、DTIのような日本語のしっかりした所でも同じです。DTIでは、解約を期日の1週間前に済まさねばなりません。

 私は英語版の洋ポルノを見ることからはじめましたが、言葉の心配のない日本語の整備された海外発信サイトから始めるのが好いのかも知れません。

 また、海外のポルノ評価サイトを見て、自分の嗜好にあったサイトを選ぶのも一つの手だと思います。

   
レビューサイトについて


 



e
e
e
e
e
e


© 2009-13 All Rights Reserved  The Analist B.V. Scheveningen, The Netherlands